ホットフラッシュの症状

暑くないのに突然、顔や上半身が熱くなったり汗が出たりする症状をホットフラッシュと呼びます。

 

更年期障害の中でも代表的な症状で、多くの女性が経験しています。症状の程度は様々で、首や頬が火照ったように熱くなるが汗はほとんど出ない方、滝のような汗が出て人前に出られないという方もいます。

 

睡眠中に突然表れるホットフラッシュの症状で寝不足から不眠に陥ってしまう方もいて、日常生活に支障が出るほど深刻な場合も。

 

ホットフラッシュはもともと緊張しやすい方、あがり症の方は交感神経が人より敏感で汗をかきやすい傾向があります。

ホットフラッシュの症状が加わってさらに汗やのぼせの症状が辛くなったという方もいます。
また、汗が原因で肌荒れになった、汗のにおいが気になって仕方ないといった、ホットフラッシュの症状からくる汗の悩みを抱えている方も少なくありません。

 

ほとんどの場合、自然に症状は治まってくるので心配はありません。
ただし、高血圧や甲状腺の病気がかくれている可能性があるため、更年期の症状かどうかを調べる必要があります。

 

症状が長引く場合は婦人科専門医に相談しましょう。
病院を受診する際は、ホットフラッシュをはじめ悩んでいる更年期障害の症状がいつから表れたかをメモしておくとスムーズです。

ホットフラッシュの原因

女性ホルモンのエストロゲンが減少することが、ホットフラッシュの原因といわれています。
脳の視床下部にある卵巣のホルモン分泌をコントロールする中枢、自律神経をコントロールする自律神経中枢が互いに影響しあっていると考えられています。
そのためエストロゲンが減少すると、自律神経の働きもにぶくなり血管の膨張や収縮の制御がうまくいかず、のぼせや汗をかくホットフラッシュの症状が表れるのです。

冷えのぼせ

ポンプの役目をする筋肉量が少ない女性は血行不良からくる冷え性になりやすい傾向があります。
更年期を迎え自律神経の働きが弱ってくることが加わり、首や顔は火照って熱いのに下半身は冷えている「冷えのぼせ」と呼ばれるホットフラッシュに悩まされる方も少なくありません。

 

ホットフラッシュは若いころの習慣が影響も

若い頃の冷えは無理なダイエットや偏った食生活が主な原因ですが、更年期の冷えは自律神経が関係している点が異なります。
とはいえ、若い頃に冷え体質に陥ってしまうと更年期の冷えやホットフラッシュの症状が重く表れるという説があり、冷え体質だと実感している方は更年期には特に冷えに注意が必要です。

 

また、年齢とともに運動量が減り基礎代謝が低下することも冷えの原因と考えられています。

ホットフラッシュを改善するには?

ホットフラッシュは女性ホルモンのエストロゲン減少にともなって自律神経のバランスが崩れること、体の冷えからくる「冷えのぼせ」が主な原因です。また、年齢とともに運動量がへりポンプの役目をする筋肉量が減ることも冷えに関係しています。

 

ホットフラッシュの症状を改善するには、ホルモン補充療法(HRT)で減少していく女性ホルモンを補ったり、自律訓練法で自律神経のバランスを整えたりすることが効果的とされています。

ホルモン補充療法は婦人科や更年期外来で行われています。手術で子宮を摘出している、閉経して5年以上経過しているなど体の状態によってエストロゲンのみ使用したり、エストロゲンと黄体ホルモンを併用したりします。
ホルモン補充療法を始めてホットフラッシュの症状が改善される方がほとんどです。

 

自律訓練法は心療内科で指導してもらうことができます。
心身をリラックスさせ自律神経のバランスを整える効果が期待できます。

 

ホットフラッシュの症状を抑える方法

ホットフラッシュの症状を一時的に改善するなら、冷やしたおしぼりやミント系の汗拭きシートでを首を拭くとのぼせが軽減します。
エスカレーターより階段を使い、ラジオ体操のような簡単な運動を習慣にるすと筋肉や骨の健康を保つ効果が期待できます。
適度に体を動かして冷えを改善することもホットフラッシュの症状をやわらげることにつながります。

 

 

ホットフラッシュ改善におすすめのサプリの成分

ホットフラッシュを改善するには、女性ホルモンのエストロゲンをサポートする成分が配合されているサプリメントや体の冷えを改善するサプリがおすすめです。

 

これ!人気です!

サポニンが豊富な高級な高麗人参のエキスが手軽に摂れる!高麗美人

ホットフラッシュにおすすめの成分

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、エストロゲンが不足している人には補うように作用し、過剰な人には抑えるように作用するとされています。
ローヤルゼリーに含まれているデセン酸、レッドクローバー、プエラリア、マカも女性ホルモンに似た働きをし、生理不順、バストアップ、更年期障害の症状緩和に効果を発揮すると言われています。

大豆イソフラボンを摂っても効果がでない人がいます。
そんな方はスーパーイソフラボンと呼ばれるエクオールを摂ると効果を発揮します!
エクオールが摂れるサプリならこれ!

エクオール+ラクトビオン酸

 

サポニン・にんにく・プラセンタで冷えを改善

冷えを改善するには、サポニン、にんにく、プラセンタなどが有名です。
サポニンは毛細血管が多い手足まで血のめぐりをよくする成分として知られています。高麗人参や田七人参に多く含まれています。
プラセンタは自律神経を整え冷えを改善するそうです。
青魚に多く含まれている成分DHA・EPAは血管の健康を保つ働きがあり、血行促進や冷えの改善にも効果が期待されています。

更年期サプリメントはホットフラッシュの症状を改善するだけではなく美容面をサポートする成分が配合されているものも数多くあります。
更年期を迎えて肌のハリやツヤが気になる方にはローズヒップ、骨の健康を気にする方にカルシウム、若々しい体づくりを目指している方にはポリフェノールが一緒に配合されているサプリメントがおすすめです。

食品安全委員会では、大豆イソフラボンをサプリメントで摂取する場合1日当たり30mgまでが望ましいとしています。
サプリメントは過剰摂取しても症状が改善されるものではありません。
じっくりと体質に合うか見極めながら試すことがポイントです。薬を服用している方、治療中の方は医師に相談してから服用しましょう。

 

ホットフラッシュの症状が現れたらサプリメントを試してみては?

大豆イソフラボンやサポニン、プラセンタやDHA・EPAなどは、食事から毎日決まった量を摂取するのはとても難しいと思います。
どうしても外食が多い生活をしていたり、好き嫌いがあって食事の内容が偏ってしまうあなたでも、サプリメントなら手軽で簡単にホットフラッシュなど更年期特有の症状におすすめの成分を取ることができます。

 

更年期の女性におすすめの成分が入ったサプリメントを当サイトは数多く紹介していますので、試してみたい!と思ったサプリメントをまずはトライしてみてはいかがでしょう?

 

大豆イソフラボンの効果をダイレクトに摂取できるサプリや、大豆よりはるかに多いサポニンを含んだ高麗人参のサプリや、プラセンタ、マカなど更年期対策におすすめのサプリをこちらのランキングで紹介しています。

更年期サプリ ランキング

 

 

更年期障害の症状について

関連ページ

女性の更年期障害の症状
更年期障害の症状は人によっていろいろです。更年期障害の対策は症状にあわせて行うことでより改善しやすくなります。
男性の更年期障害
男性の更年期障害の症状とは?男性更年期の改善するには?男性更年期障害を治療するメリット、デメリットなどについて