女性の更年期障害の症状について|こんな症状に心当たりありませんか?

ひとくちに更年期障害といっても症状は様々です。
  • ホットフラッシュ
  • めまい
  • のぼせ
  • イライラ
  • 怒りっぽい
  • うつ
  • 不安感
  • 生理不順
  • 不眠
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 食欲不振
  • 便秘
  • 抜け毛

などが主な症状です。

 

女性ホルモンの減少をきっかけに血中コレステロールが溜まりやすくなり高血圧の症状が表れる方、光に敏感になり明るさが苦手になる方もいます。
ホットフラッシュ、イライラ、頭痛などいくつかの症状が同時に表れることもあります。

 

更年期障害は、女性ホルモンが分泌されない状態に体が慣れてくると自然に治まるといわれています。個人差が大きく症状をほとんど感じなかった人、1年程度で治まった人、10年も苦しんだ人と様々です。ホルモン補充療法(HRT)を受けた方では5年以内に症状が改善されるケースが多いそうです。

 

更年期障害とよく似た症状に注意!

更年期障害の症状が表れているからといって自己判断するのは危険です。
更年期障害とよく似た症状が病気のサインである可能性があるからです。

 

メニエール病

メニエール病は天井がぐるぐる回転するようなめまいにおそわれます。
ちょうど更年期障害が始まる年齢の方に起こりやすく、めまいの症状が表れるため更年期障害と勘違いするおそれがあります。
参考:メニエール病-Yahoo!ヘルスケア

 

慢性関節リウマチ

30〜50代に多い慢性関節リウマチも更年期障害の症状と間違えるケースがあります。
関節の炎症や痛みが主な症状ですが、貧血や倦怠感など全身に症状が出ることがあるためです。
参考:リウマチ情報センター

 

これって更年期障害の症状?と感じたら、婦人科を受診しましょう。

不安感から心療内科を受診したり、肩こりで整形外科を受診したりしても最終的に婦人科にたどり着くケースが非常に多いからです。婦人科では、血液中のホルモンを測定したり子宮や卵巣の状態を調べたりして更年期障害かどうか判断されます。
症状が軽く心も体もバイタリティがあるなら、サプリメントを試したりアロマや半身浴でリラクゼーションの時間を設けてみるとよいかもしれませんね。

更年期障害の原因

生理が順調にある間は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが分泌され視床下部と連携しながら子宮内膜を厚くしたり、排出(生理)したりして女性の体をおよそ28日周期でコントロールしています。

女性は生まれたときに卵巣に約200万個の卵胞がありますが、40歳ごろになると卵胞数が減少し妊娠しにくくなり50歳頃になると卵胞は1,000個以下となります。この卵胞数が減る40代後半から50代に女性ホルモンの分泌は急激に減少します。そして次第に生理がなくなり閉経します。

 

ところが、卵胞が減少したり消滅したりしても視床下部は女性ホルモンの分泌を促そうとします。
しかし女性ホルモンの分泌は起こらず体は混乱します。
この体の混乱が、動悸、めまい、ホットフラッシュ、イライラ、頭痛、食欲不振、不眠など更年期障害の様々な症状を引き起こすのです。

 

混乱の原因は、自律神経にあります。

自律神経は、心臓の鼓動や体温調節など私たちの意志で制御できないからだの働きを司っています。
女性ホルモンは視床下部の働きでコントロールされていますが、同時に自律神経もコントロールしています。
そのため、女性ホルモンも影響を受けやすく自律神経も乱れてしまい混乱となって様々な症状が表れるのです。

更年期障害の対策について

更年期障害は、身体に現れる不調、メンタルに表れる不調、美容面の変化に分けられます。

 

のぼせ、ほてり、汗、頭痛、動悸など身体に表れる更年期障害対策

自律神経の乱れが関係しています。ほてりや汗が気になるあまり薄着で過ごすと身体が冷えてさらに自律神経が乱れ、さらに酷くなる悪循環に陥ってしまうことも。体温調節がしやすい服装を心がけ体が冷えないようにしましょう。

 

更年期の頭痛対策としては、カフェインやアルコールの摂取を控える、肩こりにならないようにすることが挙げられます。
動悸も自律神経の乱れが影響しています。動悸を感じたら座ったり横になったりして安静にします。
頭痛や動悸は大きな病気のサインかもしれません。
症状が辛い場合は医師に相談してください。

 

 

イライラ、不安感、不眠などメンタルに表れる更年期障害対策

更年期障害のイライラは自分でもコントロールがむずかしいもの。
メンタル面での更年期障害対策は周囲の理解を求めることが重要です。
特に家族には、どうしても感情的になってコントロールができないと状況を説明しておきましょう。

 

イライラや不眠は脳内物質のセロトニンが不足で起きることがあります。
セロトニンを作るトリプトファンは体内で作ることができないため、食事から摂取しましょう。
バナナ、ナッツ、大豆製品、肉や魚の赤身に含まれています。

 

 

抜け毛、体重増加、肌のハリなど美容面の変化における更年期障害対策

女性ホルモンが減少すると毛髪を作る機能が低下し抜け毛が増え、コラーゲンを作る能力が落ち肌のハリが衰えます。
運動不足に加え、イライラや不安を解消するため過食になって体重が増加してしまう人も少なくありません。

 

シャンプーや洗顔はこすりすぎに気をつけ、適度な運動をすることがポイントです。
最近は、美容成分を配合した更年期世代の女性向けサプリメントが増えています。
体調に応じてサプリメントを取り入れるのもおすすめです。

 

 

更年期障害の症状

 

 

関連ページ

男性の更年期障害
男性の更年期障害の症状とは?男性更年期の改善するには?男性更年期障害を治療するメリット、デメリットなどについて
ホットフラッシュとは?
更年期障害の症状でよくあるホットフラッシュの症状、原因から対策方法について・